愛の貧乏脱出大作戦店めぐり 神戸~大阪篇

2001年10月13日の記録です。

基本的に苦情は受け付けていません。(笑)  リンクフリーです。

居酒屋「涛」
隣はお好み焼き屋、その向こうは中華料理屋。材料搬入中の中華料理屋の店員が、我々を不審な目で見ていた。 全品350円セール実施中!
涛の前は、こういう広い道路。交通量もけっこうある。


月形屋
月形屋のしょうゆラーメン。
むつみやの公式HPに載っているラーメンと比べて見れば、違いが良くわかる。
月形屋のカウンター。
お店自体は明るく広くすっきりしている。


尼崎の跡地2店舗
katsunori跡。
シュークリーム、美味しかったんだけど、いまや貸店舗の看板が。ひさしの格子の部分にわずかにkatsunoriのときの雰囲気が残る。
ピっコロ跡。みごとに何も無い。


明蘭
愛貧店の中でも、奇抜さと近くで見たときの手抜き具合では群を抜く店構え。遠目には今でも綺麗に見えるが、近寄ると結構悲惨。 左の写真の右下辺り、クーラーの室外機の上のところに貼られていた閉店のお知らせ。


沖縄そば「銀座」
入り口は凝っていますが、この写真に映らない2階部分ではベランダから干された布団が揺らめいています。 広い道路から1本入った下町の住宅街。
上の段は、愛貧に出たときのサイン類。
お店の中には、小物が所狭しと飾られている。壁には沖縄の珍味が並べられ、常連はこれを勝手に取って食べている。もちろん有料だけど。 これが「銀座そば」黒っぽいのが、肉の塊。ゼラチン質が付いていて、とても美味しい。かまぼこは普通。


天ぷら きさらぎ
ショーケースは綺麗なのに、こういう見苦しい看板をだしちゃダメだと思うぞ。ガムテープの貼り方に疑問。
以前は無かったショーケース。2001年冬の閉店騒動の後の再オープンで登場。 このエビの天ぷらはひどい。コロモだらけでまるでテンプラうどんのテンプラ。おまけに硬い。


めちゃうま亭
番組レギュラー化で一番最初に登場した店。しっかりと営業している姿に感動。

しかし日替わり弁当、かきフライ弁当、うなぎ弁当など、メニューが増えつつあるところに一抹の不安。
店主が以前勤めていた仕事の知識で、こういうポップ類はきちんと作っている。 TVからキャプチャした映像を、元に、漫画を構成。


まつ元
さすがに新しい店舗は綺麗です。コンクリートと木による、すっきりとして明るく綺麗な店内。ただし、愛貧店だということがわかるものは一切無し。 カウンターに約10人。カウンターの背中側には、障子の閉まる座敷に、テーブルが3つほど。