ブログ

<div class='blog-wrap blog-entry blog-entry-details'>

    <h2 class='blog-title blog-entry-title'>3時間SPの感想</h2>
    <p class='blog-date blog-entry-date'>2017-11-24</p>

    <p><span class="Kiji_Article">今回のチェックは、シブいところというか、見たかったところが出てうれしかった。放映時には番組的にはどちらかというと地味で印象の薄い修行人だったと思うけど、いずれも「家族愛」があふれた放送だった。</span></p><p>まずはみのさんチェック訪問。</p><p>■胡心房<br> 長女の麺の湯きり姿が様になってかっこいい。<br> 1.3万円→1日の売上15万円。町田の行列店へ。<br> 上澄みの脂を丁寧にとって後味あっさりに仕上げた、とんこつスープ。<br> 肉玉ラーメン1100円。<br> 借金も娘が肩代わりして7400万円→4000万円。</p><p>ちなみに、達人林訓美は、あのあとしばらくして上野のお店を閉めてしまって、どうなったのかと思っていたが、鎌倉に完全予約制の高級創作料理のお店を出しているようだ。</p><p>中国精進料理 凛林<br><a href="http://6005.teacup.com/sylphides/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.kamakura-rinrin.com%2F" target="_blank" rel="nofollow"><u></u></a><u><a href="http://www.kamakura-rinrin.com/">http://www.kamakura-rinrin.com/</a></u><br><u></u></p><p>■暁園<br> 娘さんは結婚し、今は親子2人で繁盛宿へ。<br> 楽天市場「茨城お食事ランキング1位」獲得。人気の取りにくい宿へ。<br> 息子のほうは苦労のせいか、30歳代の割にはやや老けた容貌(^^;<br> みのもんたももらい泣き。<br> 90年代の最盛期に月の売上120万円が番組出演時には20万円に落ち、今では105万円に戻ったという。(20年間で点が6つしかない結構粗い折れ線グラフもどうかと思うが)</p><p>しかし、よく考えると月105万円ということは30日で割ると1日平均3.5万円。<br> 1泊2食で約1万円なので、1日の宿泊客は平均で1~2組。宿泊は週末に固まるのだろうから、平日はまだまだ稼働率0の日も多いのだろう。まぁ場所柄、こんなもんかとも思いますが。</p><p>あと、アンコウにあまり関係の無い箱根の料理旅館が、修行人のためにわざわざアンコウ料理を考えて、教えてくれたというのは、いまさらながらすごい事だと思う。</p><p>■めちゃうま亭<br> なんと、店舗販売はやめてすべて注文デリバリーへ。<br> 閉店→移転情報→閉店→急募→めちゃうま亭の車発見という小芝居はともかく。<br> みのさんがお店に入っていって、弁当が並んでいるシーンはとても良かった。<br> 多いときは1日20万円弱へ。パートなど7人を雇う株式会社の社長へ。<br> 番組出演時2DKのアパートだったのが、2年前には6LDK6000万円の一戸建て購入へ。孫や犬に囲まれて充実の人生。</p><p>味噌汁+お茶で700円のおまかせ弁当。</p><p>競争は厳しいけど店舗販売より注文デリバリーのほうがロスが少なくて利益率は良いはずなので、「店」から「企業」と、ひとつ上のステージに上がった感じ。</p><p>みのさんの抜き打ちチェックもいいけど、個人的には、成功した店主のところには、修行したお店の達人屋店舗スタッフの人に訪問してもらいたいとおもうんだよね。「10年間よくがんばった!」って言ってもらうだけで、この先10年間、もっとがんばれるのではないかと思う。</p><p>■3人修行</p><p>キートン山田?のナレーションが懐かしい。やっぱりこうでなくっちゃ。<br> 達人の怒りあり、やさしく厳しい言葉あり、涙あり…。<br> 特番なので「番組放送後大盛況」の絵が無いは仕方ないが、借金状況や売上状況に対する説明が少ないのはちょっとさびしい気がした。</p><p>こんなに大変な状況だからなんとかしないといけないという、崖っぷち状況を提示して欲しいんだよなぁ。子供にランドセルを買ってやれないとか、会社を辞めて老人介護をしないといけないとか、親が急死して跡を継ぎたいけど、どうしたらいいか分からないとか…。</p><p>昔と違って個人情報の問題とかいろいろやりにくいのだろうと思うが、それが愛貧店主を応援する糧になるのだから…。</p><p>たとえば定点カメラで数日間隠し撮りしておけば、トキさんのふだんの接客がどういうものなのかが見えてくる気がするし、やればできてしまう大ちゃんなんかも、暇なのに手を抜くチャランポランぶりが出てくるはずで、もっとそういうのを見たいのだ。</p><p>どこかの掲示板に「良い子(大ちゃん) 悪い子(トキさん) 普通の子(松ちゃん)」という比喩があったが、言いえて妙だ。</p><p>■トキさん 40歳 この道22年<br> 飛天<br> 住所:埼玉県三郷市戸ケ崎2248<br> 営業時間:??</p><p>トキさんはコミュニケーション力に難があるみたいだけど、これは40歳にして直すのは難しそう。裏方の料理人として働くのであればいいけど、店の主としてお店をまわすのは難しい気がする。</p><p>(いらっしゃいま)「せ~」というキャプションとか、恩人の名前を忘れるトキさんには笑えた。</p><p>達人が「トキさん一人ではダメだ」と看破したのは、辛い選択なのでしょうが必要な一言だったのだろう。TVからも、トキさん一人では無理っぽいオーラを漂わせていたけど。</p><p>同情するとしたら、きっと小さい頃から兄貴はぼんやりしていて、弟はしっかりしていて、なにかにつけて比べられてきたんじゃないだろうか。声の出し方や態度からも、コンプレックスが積みあがって自分をのびのびと出せていない気がした。なんとなく、かつてのオッチを思い出したなぁ。</p><p>家族の絆によって助けられている一方で、それがコンプレックスの根源という矛盾した問題をはらんでいるように思うので、一筋縄ではいかないケースのように感じる。</p><p>食べログには、放送翌日にラーメンを食べに行った人のレビューが載っていますが、TVクルーも入っていたようなので、どこかで放映する可能性もありそう。<br><a href="http://6005.teacup.com/sylphides/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fr.tabelog.com%2Fsaitama%2FA1102%2FA110205%2F11019572%2Fdtlrvwlst%2F2545837%2F" target="_blank" rel="nofollow"><u></u></a><u><a href="http://r.tabelog.com/saitama/A1102/A110205/11019572/dtlrvwlst/2545837/">http://r.tabelog.com/saitama/A1102/A110205/1101957...</a></u><br><u></u></p><p>■大ちゃん 33歳 月商500万円の繁盛店からの転落<br> ■麺屋 翔■<br> 住所:東京都新宿区西新宿7-22-34<br> 営業時間:11:00-21:00/土祝 11:00-17:00<br> 定休日:日</p><p>もともと池袋のラーメン名作座という屋台村みたいなところで、麺屋 翔で2005年11月に開店したお店。<br> 池袋から西新宿に移転して赤字ということなので、基本的には力がある人なんだと思う。<br> 食べログを見ても、前から高評価だったのが、どうしても修行先の「一燈」と比較されてしまい辛目の評価が目立つ。<br> この先、いままでの塩そばを復活して二刀流で行くのかどうするのかが見所になる。<br> (そもそも家賃が釣り合っていないのかもしれない)</p><p>いずれにしてもこのお店には、ほとぼりが冷めてから行ってみたいなぁ。</p><p>■松ちゃん<br> ■味一■<br> 住所:東京都新宿区高田馬場4-13-13<br> 営業時間:11:00-15:30,17:00~21:00/土日祝 11:00-17:00<br> (スープ切れ次第終了)</p><p>終盤、試験に不合格となり、鹿児島での火炎修行する様は壮絶。巨人の清原や家田荘子等もやったという鹿児島・最福寺の護摩行。愛貧でも1~2度登場しましたが、このSPで出てくるとは。</p><p>全般に雑というか手を抜くところが問題なのだから、松ちゃんの人間力ということからいえば、小田原に戻り、原点を見つめて親の代から受け継ごうとしている小田原味噌のラーメンを活かす道は無いのかなぁと思いつつ見ていました。</p><p>奥さんがいい人で「人間力」にあふれています。</p><p><br>■こうじグループ<br> どのお店の店主も、ラーメンの商売人としての活力がみなぎっていて素敵です。<br> 今回の修行で一番画期的だったのは、ひとり1日ずつの模擬店舗販売。<br> だれの発案かわかりませんが、こんな太っ腹な修行をよくOKしたものです。</p><p>あと、制作にゼロクリエイトの名前はありませんでしたが、ニューズクリエイトの名前がありましたね。</p>        
    <span class="blog-posted-in">カテゴリで掲示される:</span><div class="blog-item-grid-item tag-blog-item-category blog-entry-tags">

comments powered by Disqus

戻る
</div>

■広告