番組プレイバック

愛の貧乏脱出大作戦 本編

愛の貧乏脱出大作戦の本編は、月曜午後9時にテレビ東京系で放映されました。放送は1998年4月から2002年9月までの4年間で、180を超える貧乏店舗が登場しました。

2002/09/23放送の、第206回最終回SPでは、「211回お送りしてきた」とみのもんた自身が言っているとおり、本編205回に日曜ビッグスペシャルの6回を加えるとちょうど211回。そして最終回SPを含めて合計212回の放映でした。

放映回全リスト

本編放映回をリストにしました。おそらく抜けはないと思いますが、特番などについてはちょっと怪しいです。「その後」などについては、リストにはしていますが、まだ本文をきちんと書いていません。

愛の貧乏脱出大作戦 抜き打ちチェック

愛の貧乏脱出大作戦の抜き打ちチェックは本放送内では最終回を含めて23回ありました。番組終了後の復活スペシャルでも2回ほど取り上げられています。愛の貧乏脱出大作戦の抜き打ちチェックの回だけをまとめたページも作成してみましたが、あまり中身は書けていません。

愛の貧乏脱出大作戦 前史 日曜ビッグスペシャル

愛の貧乏脱出大作戦の原型は、1995年春に放映された日曜ビッグスペシャルです。1997年までの3年間に夏・冬の合計6回放映されたのち、1998年04月13日よりレギュラー化されました。ファンの方々の情報や過去の新聞欄を参考に日曜ビッグスペシャルで愛の貧乏脱出大作戦の原型が放映されたリストを作成してみました。詳しい情報をお持ちの方はお知らせください。

最盛期は「ポケモン」「鑑定団」「愛貧」だった

愛の貧乏脱出大作戦は月曜日夜9時からの放送でしたが、最盛期には他の民放の月9ドラマを蹴ちらし、視聴率20%越えの回もあったという噂です。(確認できていません)

番組の中では、たとえば第24回(貧乏ファイル#0023吉兆)の冒頭で、みのもんた自身「視聴率18%を超えた」と言っています。また第34回(1999年1月11日)の放送では「昨年末から大変な反響」と言っています。おそらく放映半年後の1998年10月頃から2000年前半頃までが最盛期だったのではないでしょうか。

加えて、TV-TOKYOのWebサイトには、一木社長月例記者会見というページがあり、愛の貧乏脱出大作戦についても2度触れています。

1999年7月22日

7月クールの視聴率(3週・7月18日まで)は、GH9.0%(前年同期比+0.2%)、全日3.5%(±0.0%)、PT7.9%(+0.1%)で悪くはないが、もう少しはずみをつけなければいけない。
ただし、7月第2週は70週ぶりにGH10.0%だった。好調だった番組は「愛の貧乏脱出大作戦」14.8%、「開運!なんでも鑑定団」15.1%、「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」15.3%、「第30回 夏祭りにっぽんの歌」11.4%、「出没!アド街ック天国」10.1%、などだった。
水曜日の新ドラマ「田舎で暮らそうよ」は、第1回8.8%で、昨日の第2回が6.1%。是非定着してほしい。裏に巨人戦があるのでまあまあだと思うが、少し食いたりない。いずれにしても、GHは目標視聴率10%を取ってもらわないとだめだ。2桁番組も定着してきているので期待したい。 「WBS」が7月第3週、週平均視聴率4.6%で過去最高。これといったニュースがない中で、少し景気が良くなるかどうか経済に対する関心があるのだろう。ちなみに、12日(月)は5.4%で視聴率は歴代2位。ヒットランキングなどの企画内容が良かったのでは。

1999年10月28日

7月クールの視聴率(6月28日~10月3日)は、GH8.4%(前年同期比-0.4%)、全日3.5%(-0.1%)、PT7.6%(-0.1%)だ。上期の視聴率(3月29日~10月3日)は、GH8.4%(前年同期比-0.2%)、全日3.5%(±0.0%)、PT7.6%(±0.0%)だった。上期のHUTが69.2%と前年比-1.0ポイントに加え、G戦が好調という厳しい環境ではあった。その中、21時台の平均視聴率は9.8%と、唯一前年を上回った。「愛の貧乏脱出大作戦」「出没!アド街ック天国」「ASAYAN」「開運!なんでも鑑定団」が健闘した。

視聴率

2chの視聴率スレッドから番組最晩期の2002年2月以降の視聴率データを拾うことができましたので、掲載しておきます。


愛の貧乏脱出大作戦の視聴率 この頃は既に最盛期を過ぎ6~9%台を推移しています。


TV東京 放送番組審議会報告

TV東京には、放送番組審議会という制度があり有識者が経営状況の報告を受けたり、毎月放送された番組について意見を交換したりする審議会があり、この中で時々、愛の貧乏脱出大作戦について触れたものがあります。(2004年以降のものは現在の公式サイトにも掲載されています)

第272回 テレビ東京 放送番組審議会報告 (2002年10月16日 12:00~ 於:役員会議室)

〈『ジカダンパン!責任者でてこい!』について〉
委員-新番組『ジカダンパン!責任者でてこい!』(月、夜9時)のスタートは順調か。
 局-初回の視聴率は6.9%だった。視聴者から番組のトーンがきついのではないかという反響があったので、今後楽しいトーンで制作していきたい。


第238回 テレビ東京 放送番組審議会報告 (1999年5月12日 12:00~ 於:役員会議室)

〈『愛の貧乏脱出大作戦』について〉
委員-視聴者から「立ち直った店のその後の特集をしてほしい」という要望があるが、何年もフォローするなどして番組の独自性を出してほしい。また飲食店以外の業種拡大も検討してほしい。
 局-「その後」企画は、これまで3回やったが好評だった。業種の拡大は、視聴者の反応を見ながら検討したい。


第237回 テレビ東京 放送番組審議会報告 (1999年4月12日 12:00~ 於:役員会議室)

〈『愛の貧乏脱出大作戦』について〉
委員-視聴者からの意見に「達人が修業に来た人を叩くなどしていたが、いかがなものか」というものがあったが。
 局-番組全体を見ていただければ、暴力肯定ではないことをわかっていただけるが、誤解を受けないよう気をつけたい。


第232回 テレビ東京 放送番組審議会報告 (1998年10月12日 12:00~ 於:役員会議室)

〔『愛の貧乏脱出大作戦』について〕
委員-飲食店以外の企画は考えているか。
 局-もう少し安定して高視聴率が取れるようになった段階でやりたい。


第229回 テレビ東京 放送番組審議会報告 (1998年6月12日 12:00~ 於:役員会議室)

〔『愛の貧乏脱出大作戦』について〕
委員-心温まるオリジナリティある企画だ。
 局-現在は飲食店中心だが、将来的には色々な業種に挑戦したいと考えている。


第228回 テレビ東京 放送番組審議会報告 (1998年5月13日 12:00~ 於:役員会議室)

〔『愛の貧乏脱出大作戦』について〕
委員-いいアイデアの番組だと思うが、3日間のみの修行など安直に感じることと店がその後ちゃんとやっているかなど気になる部分がある。
 局-つきっきりで教えるのは3日くらいが限度だが、リサーチも含め実際には1ヶ月かかっている。
  つきっきりの期間が長くなると教える人の商売に差し障るということもある。
  教えられた側をフォローする「その後」企画はやりたいと考えている。


2ちゃんねるの愛貧関連スレッド

当時人気番組だった愛の貧乏脱出大作戦には、2ちゃんねるに放映ごとに多くの書き込みがありました。そこで、2ちゃんねるの愛貧関連スレッドを一覧化してみました。

台湾 JET TV 搶救貧窮大作戰

台湾にはかつて日本の番組をたくさん放送していたTV局、JET-TVがありました。(今のJET-TVは中国語の番組も数多く流れている。) そこでも愛の貧乏脱出大作戦は人気番組だったようです。2002年から2006年ころまで「搶救貧窮大作戰」というタイトルで放映していたようです。


台湾 國興衛視(Gold Sun TV) 搶救貧窮大作戰

台湾の國興衛視(Gold Sun TV)で、2017年4月より約1年間にわたり再放送をしていたようです。今でもその一部がYouTubeなどに掲載されています。


■広告