#0023 98/10/12 吉長

概要

店名 吉長 (旧店名 味奈登庵)
番組サブタイトル 閉店寸前のそば屋一家
場所 神奈川県横浜市緑区長津田5-5-4
達人 「上野藪そば」鵜飼良平、横浜てんぷら「天吉」笹森正男
修行メニュー そば
ナレーター 乱 一世
ゲスト 梅宮辰夫、朝加真由美、島崎和歌子
作戦 作戦1 「生きたソバ」を知る
     自らが「美味い」と思えるソバに出会う
     徹底して「手打ち」にこだわる
作戦2 「水使い」を学ぶ
     ゆでたソバに「命」を吹き込む
     水を操り「コシ」を決める
作戦3  最高の「天ソバ」を名物にする
    「かき揚げ天ぷら」に挑む
     素材の味を「引き出す衣」を完成する
現状 閉店

放送

オープニングトークで、みのさんが視聴率が17%を超えたと言っている。

貧乏状況

20年前にオープンして以来内装はそのまま、古く汚いのはおろか床も斜めに傾いている。

そばの味はどれも塩辛く、美味しくない。一日の客は平均5人。ビデオで撮った日は天ざるの客1名、売上900円也。
夕方からは小上がりで子供が意味もなく伸びをしている。

材料の仕入れも出来ず、注文を受けてから近くの店に買いに行くこともしばしば。

収入  月売上  12万円
支出  材料費   3万円
    借地賃   1.5万円
    光熱費   5万円
    ローン   3万円
    雑費    2万円
    合計   14.5万円

この1年半水道を滞納・電気は3か月滞納。借地代は6か月滞納中。

おじいちゃんの作った野菜の無人販売で2万円を稼ぎ出す。
夕食はおじいちゃんの作ったジャガイモの肉なしコロッケとショウガだけ。

店主

達人

スタジオ展開

その後のお店

再オープン 翌日売上 76800円

2010年のなどは荒れ果てた状態で残っていて、店頭でおじいちゃんの朝どれ野菜を無人販売していた気配は残っている。

2018年のGoogle Street VIewではお店の看板もなくなっているが、番組では「借地代」と言っていたので上モノは自分のものなのだろうか。



【広告】
明里つむぎ 夕美しおん



【こちらの記事もどうぞ】