#0042 99/03/08 桂

概要

店名 海鮮問屋「桂」
番組サブタイトル 突然の借金~広島の食堂
場所 福山市新涯町4-16-6
達人
修行メニュー 揚げ物・びっくり穴子の天麩羅 680円
刺身・びっくり刺身2~3人前 1,280円
御飯者・麦とろ飯 480円
昼の日替わり定食 750円
ナレーター 乱 一世
ゲスト 藤田朋子、大仁田厚、国生さゆり
作戦

作戦1.母娘で「庶民に愛される」味を知る
    手間を惜しまず、仕込みを完璧にする
    安くて旨い「究極の定食」とは?

作戦2.「海の幸、山の幸」が生み出すハーモニー
    娘は地元の魚介類を生かす
    母は伝統400年の味に挑む。

作戦3.立地条件の悪さを克服する
    鮮度とボリュームで常連客をつかむ
    母娘の真心でお客をつつむ

現状 閉店

放送

貧乏状況

29歳で離婚。女手ひとつで3人の子供を育てあげるために運転手からウエイトレスまで様々な仕事をこなしてきたご主人。

24歳の次女は、中学卒業とともに京都の茶屋へ行っていたが、4年前に実家へ戻ってきた。つまり15歳から20歳まで勤めていた。親子二人で自分たちの店を開こうと借金なしで昨年7月、食堂「桂」をオープンさせた。

しかし、客足はさっぱりで赤字。 12/23の売上はお客10人で6680円。

収入 売上   35万円
支出 仕入れ  18万円
   光熱費   6万円
   店家賃  21万円
   月返済  15万円
   合計   60万円

毎月の赤字は25万円、借金総額は450万円。

店主

達人

娘は、福山市の大型和食店「漁好人一休」藤井均・下崎洋平氏の元で修行。

母は、静岡市のとろろ汁元祖「丁子屋」柴山信夫氏の元で修行

スタジオ展開

その後のお店

対人恐怖症に陥りそのまま閉店


【広告】
高橋しょう子 三鷹なみ



【こちらの記事もどうぞ】