#0163 02/04/29 再就職先検討中

概要

店名 再就職先検討中
番組サブタイトル 巨大ホテルをリストラ 59歳料理長の逆襲!
場所
達人 メルパルク「杏樹」勢津栄興
「崎陽軒」曽兆明
「龍虎殿」林 訓美
「香港ガーデン」鄭 恵淋
「四五六菜館」山口 哲和&孫関義
「赤坂璃宮」譚 彦彬
修行メニュー
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト
作戦 不明
現状 閉店

貧乏状況

店主

中華一筋43年。神戸の超有名ホテルの料理長として君臨し雑誌でも紹介されるほど。ところが突然のリストラ勧告。 ハローワークに通うものの華麗なキャリアが仇となって再就職先が決まらない。月収40万円を希望している。

達人

達人との公開面接。リストラの理由から始まり、経営方針、営業成績など。料理実技面接でヌーボチャイナ6品を作るものの、結果は驚愕の不合格。何を目指しているのかコンセプトがわからないとの評。再度チャンスを貰い、今度は贅を極めた8品を作る。しかし誰からも手は上がらない。今時代が求めているのはバブリーな贅沢料理では無いのだと。

スタジオ展開

結局再就職先が見つからないという消化不良の展開。中華街の巨匠勢津栄興の北九州の知り合いにつないでくれるという。

その後のお店

感想

番組初のハイレベル面接。愛貧の達人総動員。リストラされた大企業部長職の人必見。ホテルの料理人を経験したといってもなかなか仕事は見つからないもんなんですね。本当にウデがあるのなら、達人のうち誰かが採用していたと思うけど、そうはならない。結局、料理長の仕事は世の中を見つめる確かな目でありセンスであり、抽象化されたニーズの把握なんだろう。贅沢なものを出してどうだ!という時代ではなくなったということなのだろう。


【広告】
明里つむぎ 夕美しおん



【こちらの記事もどうぞ】