#0068 99/10/11 古賀乃屋

概要

店名 菓子処「古賀乃屋」
番組サブタイトル ”腕はいい”でも売れない “日曜大工”で稼ぐ嘆きの和菓子職人
場所 放映当時は、福岡県甘木市庄屋町1724 
2000年より 甘木市大字一ッ木370-1 
現在は、  朝倉市大字一ッ木370-1
達人 京都上七軒「老松」太田達
修行メニュー 甘木どら焼き(栗あん餅入り) 300円 甘木どら焼き 200円 上生菓子 250円~
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト 不明
作戦
作戦1、他県からも買いに来る“九州一のどら焼き”を売る。
“看板だけの洋菓子屋”から“和菓子の専門店へ”一大改革”をする。
8割の人に支持された技術を“進化”させ“開花”させる。
作戦2、和菓子の名店“1000軒以上”がひしめく“京の老舗”の門を叩く。
菓子一つに“魂”を込める、“和菓子職人の心”を知る。
“伝統と今風”が同居した“現代の和菓子”に触れる。
作戦3、食べた瞬間“おおっ”と唸る“新感覚どら焼き”を開発する。
京和菓子の“繊細な仕事”で生まれるアン柱をにする。
“四季おりおり”の素材を取り入れた“革命的などら焼き”で勝負する。
現状 営業中

放送


愛の貧乏脱出大作戦-搶救貧窮大作戰-#0068 991011 古賀乃屋... 投稿者 KenminShow

貧乏状況

売れないので和菓子ではなく洋菓子やらクッキーやらを売っている。それでも儲からないので大工仕事で日銭を稼いでいる。

店主

和洋菓子職人歴40年。どら焼きの腕はなかなかのもので達人も感動。

達人

テレビには良く出てくれる京都の高級和菓子店。一度きりの茶席のための和菓子を考案するという恐ろしく高レベルのお店。

スタジオ展開

その後のお店

2010/10のその後スペシャルで、2000年6月の移転直後に、包装紙メーカー不備によるカビ問題が発生。年2500万円あった売上が、カビ問題によって今は年商300万円に落ち込んだと報告。とんだとばっちりだ。本来であれば包装紙メーカーに被害補償をさせる事案だと思うが…。

YouTubeに2017年4月のお店レポートがUPされていました。


Google Street Viewでは2015年でもしっかりと存在しているので、問題は克服したのではないかと思われる。
2015年7月頃のGoogle StreetViewより


【広告】