#0120 00/12/04 みなみ

概要

店名 中国料理 みなみ(ラーメン5人修行 みなみちゃん)
番組サブタイトル 激マズ!ラーメン屋救済計画 ラーメン5人衆同時修行
場所 函館市青柳町35-14
同時修行 みなみちゃん
ママさん
テッチャン
マッチャン
トモさん
達人 「四五六菜館」孫関義
修行メニュー 四五六湯麵
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト
作戦 作戦1、 修行日数“無制限”5人同時sの“地獄サバイバル”に挑む
“実力重視”の“能力別進行制”を取り入れる
“問答無用”の“打ち切り宣告制”と闘う精神を持たせる
作戦2、“ラーメンの原点は中華にあり”その根本を出発点にする
中華料理の神髄“素材と火”の関係を叩き込む
世の“ラーメンブーム”に左右されない“王道の中華柳麺”を学ぶ
作戦3、横浜中華No1ラーメン“四五六湯麺”をモノにする
澄みきった深い味わい“清湯スープ”の奥義を知る
“たかが具”に非ず、味の決め手がの具を生む“炎の鍋振り”体得する
現状 営業中

貧乏状況

月の収入 売上げ15万円
月の支出 材料費 7万円
     光熱費 6万円
     雑費  3万円
     合計 16万円

月の赤字     1万円

店主

7年前から細々と営業を続けている。しかし油が浮いてしまっている作り置きのスー プのラーメンでは客は来ない。

売上の9割を占めているのが1杯から届ける出前。自給自足のような生活で、風呂もあまり入らず、拾った流木を燃料に寒さをしのいでいる。

修行&達人

「私、夏場は風呂入りませんから」

「心配しないで、人生は捨てないから」

「逃げではありません、勇気ある撤退です」

「みなさん真似しないで下さい。決していい事ではないです。」

その後のお店

2002/5 「中華料理 みなみ」を「中国料理みなみ」に改名し再々々オープン

2003/1 札幌ラーメン「てつや」で修業し、三度目の復活

2003年春の健康診断で慢性骨髄性白血病が発覚し、落ち込んでいるとの情報あり

2004/暮 ヘルニアで一時閉店との情報

2007年 NHKラジオでロシア語講座を勉強開始

2015年現在営業中

在函館少年さんのブログに、みなみちゃんへのロングインタビューが載っています。

2008/05/14 愛の貧乏脱出大作戦 みなみちゃん

2010/10/07 愛の貧乏脱出大作戦 みなみちゃん


2015年8月頃のGoogle StreetViewより。過去のStreetViewを見てもいずれもお店の前にきちんと水がまいてあり、意外ときちんとしているというのが正直な感想

感想


【広告】