#0087 00/03/13 文二郎

店名 文二郎
番組サブタイトル 危機感のない和食店~心のバリアフリーをめざせ!
場所 北海道 札幌市北区拓北六条2丁目7-7
達人 六本木・さかなや「富ちゃん」・小林明來
修行メニュー 磯の香りの茶碗蒸し 380円
カニシューマイと磯べ揚げ 550円
ナレーター 乱 一世
ゲスト 国生さゆり・西川峰子
作戦

作戦① “トラック”から“人生の最終列車”へ乗り換える。
運転手と店主の“2足のワラジ”を脱ぎ捨てる。
プロの料理人としての素材選びの大切さ・厳しさを学ぶ。

作戦② 本格高級割烹カリスマ料理人の“秘技”を盗む。
食の大地・冬の北海道を生かした“和食の王道料理”とは何か。
達人直伝の“素材の宝石箱料理”とは何か。

作戦③ めざせ!一国の主~心の自立を果たす。
他力本願・人任せの精神をすてる。
“明日はわが身”の危機感を知る。

現状 拓北から江別に移った後閉店。

放送

貧乏状況

月の収入 売上げ33万円

アルバイト30万円

合計63万円

月の支出 仕入れ19万円

光熱費9万円

店家賃20万円

人件賃15万円 (竹下くんの給料?)

返済30万円     合計93万円

月の赤字  30万円

店主

ご主人は、若奥さんとバイトの竹下君を残してバイト稼ぎ

達人

スタジオ展開

その後のお店

拓北時代にお店に行ったが、既に末期的だった。 拓北時代にお店に行ったが、繁盛している感じではなかった。ご主人に聞くと、江別と六本木では雰囲気が違いすぎてどうしたらいいか分からなかったとのこと。


【広告】
高橋しょう子 三鷹なみ



【こちらの記事もどうぞ】