#0153 01/12/03 すぎやま

概要

店名 すぎやま (旧店名 すぎや)
番組サブタイトル 遅い、高い、まずいの三重苦そば屋が東京下町手打ち修業に挑む
場所 浜松市積志町1223-1
達人 鶯庵やぶ忠 日高吉弘
修行メニュー もりそば 600円
鴨ぜいろ1,000円
天もり 1,000円
ナレーター 乱 一世
ゲスト 梅宮辰夫、香西かおり、安藤和津
作戦

作戦1、一品入魂
東京下町の名店で、入魂の"手打ちそば"を学ぶ

作戦2、"900秒"の壁に挑む
10人前の蕎麦を15分で仕込む。職人の"スピードと息づかい"を身につける

現状 閉店

貧乏状況

車16台、50席の大きなお店。ファミリーレストランが乱立して、売上が下がった。

結局、和洋中なんでもありの50品目。2001年にメニューを一新し、高級路線を目指したが、これが大失敗。1280円の天ざるそば、1950円の鍋焼き天ぷら、天丼&刺身は1930円、積御膳に至っては、2380円と価格が高い。

そのくせ10人分のオーダーさえこなせず、オーダーから30分待っても料理が来ない。

お客が来ないのに、うどんやそばがのびていて、天ぷらも冷たい。大学2年生の長男は千葉で一人暮らし。

売上     62万円
支出 仕入  20万円
   光熱費 10万円
   人件費 20万円
   返済  25万円

借金総額 1900万円

お金がないのに、人件費20万円ってどういうことですかね。アルバイトを雇っているんでしょうか。

店主

番組に取り上げられるとなって、夫婦でお店をピカピカに掃除し、決心を示す。

達人

柴又のおそばやさん。

練ったそば粉を玉にまとめる菊ねり。簡単そうだけど難しい。

挫折しそうになって、修行を中断しようとした店主を、達人の息子が引き止める。


スタジオ展開

その後のお店

2018年現在は「さかもと」という和食屋になっていて、ぐるなびの評判はなかなか良いみたい。

感想


【広告】
明里つむぎ 夕美しおん



【こちらの記事もどうぞ】