#0114 00/11/13 ピュア



概要

店名 ピュア
番組サブタイトル バツイチ男・別居中夫・極貧パン屋の3人衆
場所 放映当時は、埼玉県上福岡市大原1-13-7。
現在は平静の大合併で 埼玉県ふじみ野市大原1-13-7
同時修行 清さん
グッチ
ドッグ
達人 パン工房「青い麦」福盛幸一
修行メニュー
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト 宅麻伸・叶和貴子・松居直美
作戦

作戦1、 “人間改革”の最終手段”“生き残りサバイバル”修業
     “職人になれぬ者は去れ”強制送還の壁と闘う
     “競争心”と“互助心”人生を決する“2つの心”叩き込む

作戦2、 “21世紀の主張”候補“完全無欠の食パン”を完成させる
     日本全国“パン屋は食パンで決まる”の法則を知る
     “薄利多売”の精神を払拭“本物n手作りパン”にこだわる

作戦3、 強力な愛情をパンに注ぐ“パンの伝道師”の指導を乞う
     “パン屋の基本は農民である”その“基本理念”を理解する
     “究極の生地”を作り出す“2段階の温度”を徹底追求する

現状 2003/6閉店情報あり

貧乏状況

店主

グッチ。職人歴20年。独立して繁盛するには、相当の覚悟と努力がないとダメですね 奥さんは健気にわずかな固定客に食パンを配達。

修行&達人

3人のパンを団地の奥さん100人に試食してもらったところ、第1位 35票。 この小さな1位で他の二人を多少見下したようなニュアンスになる。 全体にいいところを見せようという意識が強いのか、失敗して怒られるのが嫌なのか、 修行では「うまいことやろう」という雰囲気が漂うグッチ。 息抜きでタバコを吸ったところを達人に見つかり、修行中止の危機。 奥さんの計らいでなんとか達人に再修業をお願いするも、素直になれず夜の街へランナウェイ。

その後のお店

感想


【こちらの記事もどうぞ】