#0142 01/07/23 ふじや

概要

店名 ふじや
番組サブタイトル 自己破産寸前・・・借金4,000万円を抱えるうどん屋
場所 愛知県春日井市篠木町5-22
達人 高松「あたりや」松月 俊憲
修行メニュー 讃岐うどん
レポーター 不明
ナレーター 不明
ゲスト 前田吟・中尾ミエ・国生さゆり
作戦 作戦1 年間消費量「1億3000万食」!日本一のうどん王国「讃岐」に飛ぶ
総数700軒!立ち並ぶ名店の中から思わず唸る「極上うどん」を探し出す
作戦2 究極の「コシ」を生み出す洗練された匠の技「コネ」を学ぶ
万人を魅了する「ツヤツヤ」「シコシコ」「ツルリ」を生む「荒踏み」の極致と は?
作戦3 「堕落した料理人生20年」に決別!再出発を誓い修業に挑む
老舗の誇りとプライドを捨て「粘り腰」のある「本物の職人」に生まれ変わる
現状 閉店。2012/3時点でGoogleMapsで見る限り閉店の様子。

貧乏状況

創業45年の老舗うどん屋を、二代目が継いだとたん赤字に。つもりに積もった借金4000万円。

店主

抜き打ちチェックで死んだふり。ダメ店主なのになぜかしっかり者の看護婦の彼女がついている。勝気な彼女は厨房でも喧嘩。うなぎ裂きのバイトの方が稼ぎになっている。 職人歴20年のプライドを味対決が完全に打ち砕く。

修行&達人

恒例の試食対決。

この道20年のベテランご主人 VS うどん専門店の28歳練習生 VS 孫のために5回だけ練習した63歳のおじいちゃんの3人。試食50人の結果は、28歳練習生41票、おじいちゃん8票、ご主人1票!客にうどんを振る舞ったことのない練習生の圧倒的勝利。

さて修行開始に際し、香川・高松に着くと修業先は自分で選びたいと言い出すご主人。演出なのか想定外なのかは不明。グダグダやった末に番組スタッフにたしなめられる。7件目であたりやに出会い、ここで修行したいという。しかし当然断られる。履歴書もまともに書けず、なんとか入れてもらった1日限定修行さえも居眠りで全うできず。結局、彼女が駆け付けご主人の代わりに修行。どうしてこういうダメンズには優しい彼女がいるのか?不思議である。

そもそも達人にも修業先の達人の弟子にもタメ口で会話する。礼儀とか上下関係とかそういうものを全然身につけていないやつに誰が教えてあげられるのか。

さて、あたりやは、なんとパチンコ屋の地下駐車場という驚くべき立地にある(あった)。恐ろしき讃岐うどんの世界。

スタジオ展開

その後のお店

感想

このご主人は、最初の試食対決で出てきた28歳練習生が通うお店で修行してから出直すのがいいと思うよ。天才うどん職人に1日教えてもらって何とかなるものではない。

あたりやは、2013年10月にご主人が交通事故で体を痛め、11月末で閉店。讃岐うどん界でも伝説的な天才といわれていたので閉店には長い行列ができていたらしい。詳しくはこのブログでで。