#0056 99/07/12 福扇

概要

店名 福扇 (旧店名 寿司割烹「福ちゃん」)
番組サブタイトル 涙にくれる三姉妹 父の握りは江戸を目指す
場所 豊中市玉井町1-2-15
豊中市岡町北3-2-12
豊中市螢池東町2-4-7 蛍ビルA棟1F
達人 代官山「鮨やまざき」・山崎清
修行メニュー 寿司 江戸前づくし 1、300円
レポーター 不明
ナレーター 乱 一世
ゲスト 大和田伸也、冨士眞奈美、松本伊代
作戦
作戦1 「プライド」で握る寿司から「技と心」で握る寿司へ。ネタに包丁を入れる「瞬間の魂」を知る。職人の腕一本が「背負う重さ」を自覚する。

作戦2 米を輝かせる「シャリ切り」の真髄を学ぶ。米粒一つ一つが酢と「絶妙のバランス」を主張するシャリを作る。仏の心が宿る「舎利」の意味をかみしめ握る。

作戦3 江戸前の「粋」にあふれた寿司屋へ変わる。客を呼ぶ「活気」を持つ店構え面構え。「繊細かつ大胆」な「仕事」をした寿司を出す。

現状 2014年までに閉店した模様

貧乏状況

娘3人を抱えて後が無いご主人

月の赤字  50万円(月の返済55万円)

借金総額  1,300万円

店主

職人歴35年が回転寿司に負ける。シャリの基本が分かっていない。

達人

スタジオ展開

その後のお店

一日平均売上げ7万円(集客70人)

感想

岡町にあったときに一度食べに行ったが、普通で特に問題は無かったように感じた。

Google Street Viewに残る3度目の移転先、蛍池のお店の外観。(2011年頃)


【広告】
明里つむぎ 夕美しおん



【こちらの記事もどうぞ】